スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AGA治療薬~ミノキシジルタブレット5mg (成分:ミノキシジル)

AGA治療薬~最強発毛の

ミノキシジルタブレット5mg

をご紹介いたします。



ミノキシジルとは・・・
血管拡張薬であり、元々は高血圧の経口薬として用いられていたが

後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見されました。

しかし、内服薬としては、副作用が発見されたため錠剤としては

あまり知られておりませんが、頭部に塗布するロゲイン・リアップ

など外用薬育毛剤の主成分として、よく知られております。
(一部wiki引用)


【特徴】
ミノキシジルの錠剤タイプ。外用ではなく、内服で体内から
働きかけるため、細胞への吸収の度合いが高く、塗布タイプ
の育毛剤よりも遥かに効果が高いのが特徴。


【使用対象】
男女兼用


【効果】
血管を拡張し血圧を下げる血圧降下剤。頭皮の血行促進による発毛作用。



【副作用】
血圧の低下、めまいや動悸、胸痛、痒み、顔のむくみ
体毛が濃くなる、嘔吐・吐気、皮膚の紅潮、霞み目、等等



もっと詳しくは画像をクリック 

スポンサーサイト

AGA治療薬~プロペシア (成分:フィナステリド)

AGA治療薬の定番
 プロペシア(アメリカ版)1mg 

をご紹介いたします。



成分 フィナステリドとは・・・・

フィナステリドは、脱毛を引き起こすホルモン

DHT(ジヒドロテストステロン)を産出する

5αリダクターゼという変換酵素の働きを抑える

効果を持ちます。

ゆえに、脱毛の抑制に効果を発揮します。



【特徴】
プロペシアは飲み薬タイプの毛生え薬として世界で初めて1日1度の
服用で生え際・頭頂部・後頭部の薄毛の原因とされているDHTを
ブロックし抜け毛を減らし、毛を生えやすい環境を頭皮に作ります。
2年間のプロペシア服用後99%の男性に増毛・抜け毛の減少効果
が見られました。
(内訳:66%:増毛効果、33%:抜け毛の減少、1%:変化なし)-α
5年間のプロペシア服用後90%の男性に増毛・抜け毛の減少効果
が見られました。
(内訳:279人中134名:増毛効果、117名:抜け毛の減少、28名:状態維持)-β
*αは2年間535名の男性にご協力の上検証されています
*βは頭頂部の写真鑑定に基づき検証されています。

※男性用の医薬品でございます。女性用ではございませんので
 お気をつけてくださいませ。

【効果】
多くの男性脱毛症の方に効果があります。
頭部の発毛を促進させ抜毛の進行を食い止める発毛剤として注目を
浴びる成分フィナステリド(商品名:プロペシア)とは、ホルモンの働きを
抑制し、抜け毛を防止する薬剤です。
ホルモン活性を阻害する男性型脱毛症治療薬として代表的なのが、
5αリダクターゼ(酵素)阻害薬のフィナステリド(商品名:プロペシア)です。

【使用方法】
1.医師の指導または自己責任に基づいて服用して下さい。 
2.プロペシアは1日1錠です。それ以上服用しても効果は変わりません。 
3.水と一緒に飲んで下さい。食前でも食後でも、いずれでも結構です。
4.男性脱毛症は長期にわたってもたらされます。
 そのため、プロペシアの効果が現われるのに通常3ヶ月以上必要です。
5.当医薬品の服用継続は医師の処方に従って下さい。
 服用中止によって脱毛の進行が見られるかもしれません。
6.当医薬品の服用を取り止めるか否かが不明な場合は医師
 または薬剤師に相談して下さい。
7.一度に2錠を服用することは止めて下さい。
8.もし通常以上に服用してしまったら、直ちに医師にご相談、

または、インターネット上で検索いただきご確認ください。

※必ず医師の指導、または自己責任に基づいて服用して下さい。

【副作用】
1.勃起不全 
2.性欲減退 
3.性行為中の精子の減少

通常これらの副作用は軽度のもので、プロペシアの服用を中止した
場合や医師の手当を受けた場合、これらの副作用が見られなくなる
場合がほとんどです。これら以外の副作用がみられる場合もあります。
医師または薬剤師に相談して下さい。

【成分】
フィナステリド (Finasteride) 1mg

【補足】
<次の人は服用しないでください。>
(1)本剤に含まれる成分によって過剰症状を起こしたことがある人。
(2)成人男性でない人。
 (特に妊産婦、授乳産婦、妊娠の可能性がある人)
(3)重度の肝機能障害がある人。



もっと詳しくは画像をクリック 



AGA治療薬~ミノキシジルタブレット10mg (成分:ミノキシジル)

AGA治療薬~最強発毛の

ミノキシジルタブレット10mg

をご紹介いたします。



ミノキシジルとは・・・
血管拡張薬であり、元々は高血圧の経口薬として用いられていたが

後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見されました。

しかし、内服薬としては、副作用が発見されたため錠剤としては

あまり知られておりませんが、頭部に塗布するロゲイン・リアップ

など外用薬育毛剤の主成分として、よく知られております。
(一部wiki引用)


【特徴】
ミノキシジルの錠剤タイプ。外用ではなく、内服で体内から
働きかけるため、細胞への吸収の度合いが高く、塗布タイプ
の育毛剤よりも遥かに効果が高いのが特徴。


【使用対象】
男女兼用


【効果】
血管を拡張し血圧を下げる血圧降下剤。頭皮の血行促進による発毛作用。



【副作用】
血圧の低下、めまいや動悸、胸痛、痒み、顔のむくみ
体毛が濃くなる、嘔吐・吐気、皮膚の紅潮、霞み目、等等



もっと詳しくは画像をクリック 

AGA治療薬~フィンペシア (成分:フィナステリド)

AGA治療薬の定番 『プロペシア』のジェネリック薬品

フィンペシア(Finpecia)1mg

をご紹介いたします。



フィンペシアとは・・・・

フィンペシアはインドの製薬会社、Cipla社が製造する

プロペシアと同じ成分フィナステリド1mgを含有した、

AGA(男性型脱毛症)治療薬です。



成分 フィナステリドとは・・・・

フィナステリドは、脱毛を引き起こすホルモン

DHT(ジヒドロテストステロン)を産出する

5αリダクターゼという変換酵素の働きを抑える

効果を持ちます。

ゆえに、脱毛の抑制に効果を発揮します。



【注意点】
2012年7月より、Cipla社はキノリンイエローをコーティングした

フィンペシアのみを製造するようになりました。


2014年7月現在キノリンイエローフリーのフィンペシア
が購入可能になったようです。



キノリンイエローとは・・・

タール色素(タールしきそ)の一種で、染料あるいは合成着色料の一種。
食品、医薬品、口紅などの化粧品、衣服などの工業製品などの
着色料、食品添加物として使用される。(wiki引用)
副作用として、発癌性の可能性があると言われており、
日本では食品添加物からは除外されている。
欧州では自主規制対象のタール色素のうちの一つである。




もっと詳しくは画像をクリック 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。